忍者ブログ

花・野菜技術センター場長の独り言

(地独)道総研 花・野菜技術センターの今をお知らせします!

2016"実りの秋"

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

2016"実りの秋"

   木々が色づき、山には初雪の便りも届きました。
田や畑では春からの汗と涙が豊かな実りをもたらしています。
そして、ここ花・野菜技術センターにも”実りの秋”到来であります。
  
    抜けるような青い空       木立の中に飾ってみました

 秋は「花き・野菜総合技術研修生」の半年間にわたる研修の総仕上げの季節。
 10月5日、研修生自らがそれぞれ作物を選択し課題を設けた取り組んできた
「自主栽培研修」の研究成果を報告する会が開催されました。
 研修生はこの日を迎えるにあたり連日データ整理や分析、図表や資料の作成にと
真剣に取り組みました。
 指導教官からの厳しい指摘やダメ出しにもめげず報告書を仕上げました。
 ちなみに発表テーマは、
・北空知特産花き品目テマリソウの収量・品質向上に向けた仕立て法の健闘
・イチゴ種子繁殖型品種”よつぼし”の収量増に向けた電照効果の実証
・オクラの品種特性評価  です。
  
    報告書作成中        研修生の作ったオモチャカボチャ

 そして迎えた報告会の日。
 研修生は張り詰めた空気の中、緊張しつつも立派に発表しました。
発表を終えた研修生からは、無事やり終えたという安堵感と充実感とともに、
その顔には自信という要素が加わり、あっという間に成長した表情に変わっていました。
まるでメークでもした後のように?!
 10月7日には、総合技術研修の修了式を行い、今年の総合研修も無事完了です。
  
   自主研修報告会の様子       発表を終えた研修生

 今、センターの庁舎内には研修生T君が栽培・生産したオモチャカボチャがたくさん
飾られています。食用ではなく装飾用であることから「花き」に分類されるオモチャカ
ボチャの生産は、北空知が本場。
 近年、全国的なハローウィンの盛り上がりとともに道内の産地の生産・出荷量も
増加しています。
 色とりどりのカボチャを飾ると秋の本番を感じさせてくれるのはもちろん、
近づくハローウィンへの気分が盛り上がってきます。

それでは皆様のハローウィンへの気分を一層盛り上がっていただくために、
当センターの女性職員が制作しましたデコレーションカボチャをご披露します。

       デコレーションカボチャ

 一口にオモチャカボチャと言っても、色々な品種の総称であり、ブランコに
載っている顔の前にある名札に書かれているのが品種名です。
 なお、今回のデザインにはそれぞれモデルがいるようであり、私れば
「アッ、あれは○○さん」などとすぐに分るのですが、・・・・残念、
今回も私はモデルとしてもらっていないようであります。

<以下 何者かの囁き>
 しょうがありません、私も「仮装でもして盛り上がってみようかなぁ」とも
思うのでありますが、ブログに載せるにははばかられますし、一人でやっていると
ただの「変なオジサン」ということになりかねませんので、どうぞ皆さんも遊びにきて
一緒に仮装にチャレンジしてみませんか?「アアッ、そこのアナタ!」
「今 振り返ったそう貴方です!ノーメイクでも充分いけそうですよ!!」
  
  囁いているのは私です

拍手[11回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
場長 長沢 基
性別:
男性
自己紹介:
名称:地方独立行政法人
   北海道立総合研究機構
    農業研究本部
     花・野菜技術センター
設立:平成8年4月1日
  (道総研:平成22年4月1日)
場所:〒073-0026 滝川市東滝川735
   北緯43°35′、東経141°59′ 
電話:0125-28-2800(代表)
敷地面積:51.8ha
職員数:34名(うち研究職員20名)
役割:花き・野菜の技術開発
   技術の普及・地域に対する技術支援
   農業者・技術者に対する研修

ランキング

日本ブログ村に参加しています

忍者カウンター

P R