忍者ブログ

花・野菜技術センター場長の独り言

(地独)道総研 花・野菜技術センターの今をお知らせします!

1月15日は何の日?

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

1月15日は何の日?


  今週の月曜日、1月11日は「成人の日」でした。
 全国で成人を祝う式典の様子や新成人の声がマスコミで報じられており、
関係者ならずとも若者に幸多かれと祈った次第であります。
 ちょっと前なら「成人の日」は1月15日と決まったものでありましたが、
2000年からのハッピーマンデー制度の導入により、
「成人の日」は1月の第2月曜日とされ今年は1月11日でした。

 それでは、1月15日は何の日といえば・・・、そう皆様ご推察のとおり
「いちごの日」です。
 
スーパーのチラシやポスターで見かけられた方も多いと思いますが、
「全国いちご消費拡大協議会」が制定しました。

 実は
「いちごの日」というのがもう一つあって1月5日です。
 でもこちらは、「苺」ではなく「15」の意味で、高校受験期の15歳に
ガンバレとのエールを送る日だそうです。


 いずれにしても、将来を担う若者を応援することに思いを寄せることが
大切であると改めて思う次第であります。

 農業でも若い農業者や新規就農者を応援・支援しようという種々の取り組みがあります。
その一つに、浦河町、様似町のJAひだか東管内では、
いちご栽培による新規就農者の支援対策が大きな成果を上げています。


当センターでは、浦河町との共催により、全道のいちごの生産振興と新規就農の促進を
テーマとして、去る11月18と19日の2日間にわたり、浦河町を会場とし
「いちごセミナー2015」を開催しました。
 
   (熱心な意見交換の様子)       (懇親会での情報交換)


当日は、全道からいちご産地の生産者や関係機関・団体の担当者など200人近くの
参加者により事例発表と熱心な情報交換、2日目には現地見学を行いました。


また、初日の夕刻には参加者による懇親の場も設けられ、様々な出会いの中で、
産地づくりや技術向上の糧となる情報交換がなされました。
 
今後もこのようなセミナーを開催してまいりたいと考えておりますので、
ぜひ皆さんに参加いただきたいと思います。
   
  (集出荷施設の視察)     (富里いちごハウス団地の視察)
    
ということで、本日のオチは、皆様ご想像のとおり、「いちご」だけに
「一期一会を大切に」ということで、お粗末様でした。


拍手[6回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
場長 長沢 基
性別:
男性
自己紹介:
名称:地方独立行政法人
   北海道立総合研究機構
    農業研究本部
     花・野菜技術センター
設立:平成8年4月1日
  (道総研:平成22年4月1日)
場所:〒073-0026 滝川市東滝川735
   北緯43°35′、東経141°59′ 
電話:0125-28-2800(代表)
敷地面積:51.8ha
職員数:34名(うち研究職員20名)
役割:花き・野菜の技術開発
   技術の普及・地域に対する技術支援
   農業者・技術者に対する研修

ランキング

日本ブログ村に参加しています

忍者カウンター

P R