忍者ブログ

花・野菜技術センター場長の独り言

(地独)道総研 花・野菜技術センターの今をお知らせします!

1月15日は「いちごの日」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

1月15日は「いちごの日」

来週の日曜日1月15日は「いちごの日」です。
 そして翌週1月22日は「ショートケーキの日」なのだそうです。
    なぜ1月22日が「ショートケーキの日」なのかと言うと、
 答えはカレンダーを見て頂きますと分かります。
    
  1月のカレンダー     2月のカレンダー

 カレンダーの中で1月22日の上に15日「いちごの日」がのっているのです。
そうなんです。美味しいイチゴがのったショートケーキを思い起こさせるから
なんだそうです。こうした記念日の決め方も面白いですよね。
美味しそうないちごが載ったショートケーキ

 ほかにも面白い記念日はないかと、もう一度カレンダーを見ると、
15日の上は1月8日です。まさかとは思いましたが調べてみると、1月8日は
「勝負事の日」なのだそうです。「一か八かの勝負」からなのだそうです。
8日のさらに上は1月1日。上から順に読むと「1,8,15,22,29日」となり、
「一か八かの勝負に勝って、イチゴとショートケーキをお土産に、夕食は皆で
焼き肉を食べよう」となるのかもしれません。何んとハッピーな月なんでしょう。
   焼き肉に焼き鳥。29日は肉の日です。
 ところが、世の中そんなに甘くはありません。
今年の2月のカレンダーを見てみると、29日がありません。
と言うことは、「一か八かの勝負に負けて、お詫びにイチゴとショートケーキは買っても
到底、肉には手が出ませんでした」ということになってしまうのかもしれません。
せめてこんな時は、甘くて美味しい北海道産のいちごを買うべきというものです。

 美味しい北海道産のイチゴの新品種については、以前に「北海道産いちごを食べ
ましょう!」(2016年4月1日からの3回シリーズ)でご紹介しましたが、
期待の新品種「空育35号」は、現在、種苗会社さんなどの協力を頂きながら、
一般栽培用の苗を増殖中です。
 大粒で美味しい北海道のイチゴを皆さんにお届けできるよう頑張っています。
今しばらく(2~3年)お待ち下さい。
空育35号です

拍手[12回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
場長 長沢 基
性別:
男性
自己紹介:
名称:地方独立行政法人
   北海道立総合研究機構
    農業研究本部
     花・野菜技術センター
設立:平成8年4月1日
  (道総研:平成22年4月1日)
場所:〒073-0026 滝川市東滝川735
   北緯43°35′、東経141°59′ 
電話:0125-28-2800(代表)
敷地面積:51.8ha
職員数:34名(うち研究職員20名)
役割:花き・野菜の技術開発
   技術の普及・地域に対する技術支援
   農業者・技術者に対する研修

ランキング

日本ブログ村に参加しています

忍者カウンター

P R