忍者ブログ

花・野菜技術センター場長の独り言

(地独)道総研 花・野菜技術センターの今をお知らせします!

寒中お見舞い申し上げます

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

寒中お見舞い申し上げます

  厳しい寒さが続いています。皆様いかがお過ごしでしょうか。
沖縄では観測史上初の雪を観測したり、九州では水道の凍結による断水が発生するなど、
各地で冬将軍が猛威を振っています。被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
 我がセンターの窓から見る景色も一面の雪景色と大きなツララ。
文字通り厳冬のまっただ中であります。


 厳しい季節と言えば、我ら農業試験場もこの季節が正念場。
これまで取り組んできた試験研究の成績を報告し検討がなされる時期なのです。
 先週、一連の試験成績会議が開催されました。
 担当者はこの一年間の研究成果を報告し、出席者との質疑に応えるという形で進められます。
 あまりのヒートアップに寒中にもかかわらず汗をかくという場面もみられ、職員諸兄の奮戦ぶりに小生も感謝した次第。 ただ、違う意味での汗を流した者がいるとかいないとか・・・。


 寒さが厳しいとは言え、暦の上ではもうじき「立春」。
 ここ花・野菜技術センターでは遠い春の気配も感じられています。
 1月25日から、新規就農をめざす若者や農家の後継者などを対象とする「花・野菜ベーシックセミナー」を開講しています。園芸農業の技術と知識を修得しようと30名ほどの研修生が毎日7時間、5日間という日程でみっちりと学んでいます。
 年齢や出身地、経歴やめざす経営の姿は異なるものの、農業をめざす研修生が、寝起きを共にし学ぶ体験は、彼らの将来にとっても貴重な体験となるはずです。


 この地には春を待ちわびるもの達が他にもいました。
あまりの寒さのためか、セミナーの開催を知り受講を希望したのか、
2頭のアライグマが庁舎の窓までやって来ました。
 ついつい情け心も起きてしまいがちですが、将来、就農は困難であると判断し
受講は許可しませんでした。
 
皆さん、春はもうすぐです。体調管理に気をつけもう一頑張りしましょう。
    

拍手[8回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
場長 長沢 基
性別:
男性
自己紹介:
名称:地方独立行政法人
   北海道立総合研究機構
    農業研究本部
     花・野菜技術センター
設立:平成8年4月1日
  (道総研:平成22年4月1日)
場所:〒073-0026 滝川市東滝川735
   北緯43°35′、東経141°59′ 
電話:0125-28-2800(代表)
敷地面積:51.8ha
職員数:34名(うち研究職員20名)
役割:花き・野菜の技術開発
   技術の普及・地域に対する技術支援
   農業者・技術者に対する研修

ランキング

日本ブログ村に参加しています

忍者カウンター

P R