忍者ブログ

花・野菜技術センター場長の独り言

(地独)道総研 花・野菜技術センターの今をお知らせします!

シクラメンのかほり

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

シクラメンのかほり

  12月15日と16日に新十津川農業高校で生徒たちが丹精し育てた花々などを
販売する「クリスマス販売会」が開催されましたので行ってきました。
 当日の会場は、大盛況で特に野菜やヨーグルトなどはあっという間に完売状態でした。
 また、ポインセチアやシクラメンなどの鉢花も売れ行きは好調でしたが、こちらは
品数も十分に用意されていたせいか、じっくり品定めをしているお客さんも見られま
した。
 私もあれこれとシクラメンを見比べていると、つい「シクラメンのかほり」を思わず
口ずさんでしまいそうになります。
鉢花の販売コーナー 

野菜、畑作物の販売コーナー

 ヨーグルトは早々売り切れ
  
 この時期になるとレコード大賞のことが話題になるわけでありますが、布施明さんが
唄った「シクラメンのかほり」は、1975年(昭和50年)の「第17回日本レコー
ド大賞」に輝いた名曲です。
 センターのロビーにも今年の研修生が育てたシクラメンが、数多く飾られていますが、
あまり香りを感じたことはありません。皆さんもきっと同じ感想をお持ちかと思います。
花野菜技術センターのロビー
 
    色とりどりシクラメン         研修生が育てました

 シクラメンは地中海沿岸が原産地で、その後、ドイツなどヨーロッパで品種改良され
ましたが、もともとあまり良い臭いでなかったことや色や形を重んじたことから、現在
普及している品種にはほとんど香りは無いとのことです。
 小椋佳の作詞作曲による「シクラメンのかほり」には、歌い出しの「真綿色したシク
ラメン」のほかに、「うす紅色のシクラメン」や「うす紫のシクラメン」が登場します。


ちなみに、シクラメンの花言葉は、「内気」「はにかみ」「遠慮がち」などですが、や
はり下向きの花を咲かせることからかと思います。ただ、「紅色のシクラメン」になる
と話はまったく変わり、花言葉は「嫉妬(しっと)」だそうです。反り返って咲く花び
らがメラメラと燃える上がる嫉妬の炎に見えるためなのかもしれませんが、これはこれ
でピッタリだと思います。

赤いシクラメンです。怖いかも?

 と言うことで、もしも「シクラメンのかほり」の歌詞に「紅色のシクラメン」を登場
させるとしたら、「♪紅色のシクラメンほど~怖いものはない~まるであの日の君のよう
です・・♫」となるのかもしれません。それともこんな歌詞を考えるのは私の場合に限っ
たことなのでしょうか?
 あえて香りの少ないシクラメンをテーマとして作詞・作曲をした小椋佳さんの奥様の
お名前は「かほりさん」と仰るのだそうですでが、歌詞やタイトルとは何の関係も無い
としているのだそうですが、どうしても本音を詮索したくなる謎めいた話しではありま
せんか。 

拍手[14回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
場長 長沢 基
性別:
男性
自己紹介:
名称:地方独立行政法人
   北海道立総合研究機構
    農業研究本部
     花・野菜技術センター
設立:平成8年4月1日
  (道総研:平成22年4月1日)
場所:〒073-0026 滝川市東滝川735
   北緯43°35′、東経141°59′ 
電話:0125-28-2800(代表)
敷地面積:51.8ha
職員数:34名(うち研究職員20名)
役割:花き・野菜の技術開発
   技術の普及・地域に対する技術支援
   農業者・技術者に対する研修

ランキング

日本ブログ村に参加しています

忍者カウンター

P R