忍者ブログ

花・野菜技術センター場長の独り言

(地独)道総研 花・野菜技術センターの今をお知らせします!

ひまわり娘

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ひまわり娘

  夏はヒマワリ。当センターの研修生も切り花用のヒマワリ栽培に取り組んでいます。
    
  葉は3枚ほど残しあとは落とします    出荷の状態のヒマワリです

 よくヒマワリは「向日葵」と書くように、太陽に向かって咲くと言われますが
本当でしょうか。
 観察してみると、若く成長が盛んな時期には、四六時中、真上を向いています。
まるで向上心を胸に若者が上をめざすように、そして雨の日も「上を向いて歩こう」を
歌いながら大粒の涙を流しながらも天をめざしています。

    
  公宅裏のヒマワリ         美唄市内の谷村工業さん前のヒマワリ

 そして開花の頃には、人々にいっぱいの笑顔を振りまくように太陽に向かって咲きます。
何だか歌も聞こえきませんか。「♪誰のために咲いたの~♪それはあなたのためよ~♫」と、
そうです「ひまわり娘」です。

 忘れもしない2011年8月20日の夜。岩見沢市の「きたむら田舎(かっぺ)フェス
ティバル」のステージで伊藤咲子さんが小生のために笑顔で歌ってくれました。
そして私は、ステージの真下から、サッコちゃんを首が痛くなるほど真上に見上げながら
声援を送りました。下がその時の写真です。
 5年前の田舎フェス
 開花後は次第に動ずることが無くなり、一本筋が通っているかのように背筋を伸ばした
直立の姿勢で充実の時を待ちます。やがて実が熟すほどに頭(こうべ)を下げ、朽ちても
なお次代を生かし育むため大地を富ませるのです。

 人の生き様もかくありたいものと常々思ってはおりますが、私の場合、恐らく同じキク科
の花でもタンポポ人生かなぁと思う次第であります。
 好むと好まざるとに関わらず勝手に芽を出し、ずんぐりとした風体で、筋が一本通って
いるかのように見えて中身はカラッポ。長じては人の迷惑を省みずフワフワと飛びまわる
始末・・・・でもしぶといんですよ。色々と根に溜め込むタイプでもありますし。
皆さん今後ともお付き合いのほどよろしくお願いいたします。
研修棟前のタンポポです


 

拍手[15回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
場長 長沢 基
性別:
男性
自己紹介:
名称:地方独立行政法人
   北海道立総合研究機構
    農業研究本部
     花・野菜技術センター
設立:平成8年4月1日
  (道総研:平成22年4月1日)
場所:〒073-0026 滝川市東滝川735
   北緯43°35′、東経141°59′ 
電話:0125-28-2800(代表)
敷地面積:51.8ha
職員数:34名(うち研究職員20名)
役割:花き・野菜の技術開発
   技術の普及・地域に対する技術支援
   農業者・技術者に対する研修

ランキング

日本ブログ村に参加しています

忍者カウンター

P R